汀のキャンバス

固め・暴れ潰し連携

ビートエッジは研究どころも多く、多くのパターンが存在する。 数が多いので、いくつかを取り上げて紹介する。 各種連携の締めや、暴れ潰しが対になっている分岐点となる場面で鏡や低ダ、前ジャンプを使っていくのも固めの狙いだ。

    2A*1〜2 > 2C > ディレイ5A > 2A

2A始動、距離を詰めつつ特殊ビートによる2Aをガードさせて締めるビートエッジ。
ノーキャンセルでも1F不利に過ぎないため、非常に次の行動へと移行しやすく、またリバースを一度しか使わない点も評価できる。
ここから距離によっては特殊ビート5A > 2Bや再ビート5A > 2C、2Cで更に押し込むことが可能。
ダッシュ慣性をつければバクステ狩り、開放狩りも兼ねる。
5A切りよりも不利が小さく展開が速いため、暴れ潰しを意識させたら前ジャンプや投げを積極的に狙っていこう。

    2A*n > (ディレイ2B > ) 5A > ディレイ2C > 5Bor3C

2A始動の基本の固め。汎用性も高い。 ディレイ2Cによる暴れ潰し・飛び狩りを警戒させ、5Aから様々な行動を取っていくのが狙いだ。 2Aやディレイ2Bがヒットしていた場合もそのまま最速で5A後を繋げばコンボになる。 2Bを入れるか入れないかは距離や暴れ・入れっぱ頻度と相談。RB補正のことを考えるなら出来るだけ入れない方が良い。 同様にヒット確認の5Bor3Cのところも、ガード硬直の大きさと補正の関係で、出来るだけ3Cを使っていきたい。5Bの方が距離も離れ、ノーキャンセルでも反撃を受けないので仕切り直しやB火を繋げたい時などにはこちら。

    2A*n > 2C > 5A > > 2C > 5Bor3C

2A始動で距離を詰めつつ、遅めのいれっぱや暴れを潰す。
RBが少なく、また密着近くで攻めを継続出来るため、そこからの発展にも期待出来る。

    2B > ディレイ2C > (5A > )3C > 2A(空振り)

2B始動の基本の固め。 2Bヒット時もディレイ2Cは繋がる。また後続のどこでヒットしてもエリアルへ移行可能と、リターンを追求。 3C > 2Aはガード時は青子が1F有利になり前ジャンプや再ダッシュからの展開が楽に。 3C通常ヒット時はガード時の有利を考えないなら、3Cを振る時の基本である9入れ込み > 2Aと入力することで繋がりやすくなる。またカウンターなら拾い直して大ダメージが見込める。
有利を得るのが目的ならば3Cにディレイをかけずにガードさせるといいだろう。

    5B > 5A > ディレイ2C > ディレイ3C > 2A(空振り)

上記コンボを5B始動に変えたもの。 硬直が少ない、相殺が多い、判定が広く強いなどの利点を活かしたい時や、屈シールドを揺さぶるのに使う。

    ダッシュ3C > 5A > 2C > ディレイ5B

飛び狩り目的で出した3Cをガードされた際の連携。 5Aの際は9を入れ込み、3Cヒット時はJAが繋がるようにしておくのも大事。 3C > 5Aを見た相手はノックバックによる距離の開きと、飛び狩りをガードした直後ということでいれっぱで逃げようとすることが多い。 そこを2Cで刺すというのが狙いだ。一度決めればプレッシャーを与えられる。

    5C( > 2B) > 2C > ディレイ3C > 2A(空振り)

5C始動の固めの一例。 距離が離れていると2Cが繋がらないので、5Cにダッシュ慣性をつけたり密着で始動しなければならない。 これは揺さぶりの一つを敢行しつつ固めに移行出来るので重宝する。距離制限をしっかり覚えよう。 ダッシュ密着2Aから始動することも出来る。